武装神姫を可愛く撮る!
少しでも可愛く撮ろうとシャッターを切る日々です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神姫と散歩~ウォーキングという名の徘徊~
痛たたたっ!

「マスターどうしたの⁉まさか敵襲?」

あっいや違う敵じゃないって、そもそも只の爺さんにそんな危険は起きないって。

「何を言ってるんですか⁉昨今はお爺さんだからこそ襲われる可能性が高いんですよ!」

……。

「ハッ(゜ロ゜;ちっ違うのマスター!そういう意味じゃないの!」

いっいや、だっ大丈夫だから。
まっ確かにジジイだけど襲われるほど財産無いから。

「うっご免なさいマスター、お願い拗ねないで」

只の運動不足で足がつりやすくなってるだけだが日々衰えを感じてるのは確かだしな。
なので少し徘徊でもしてみようと思う。

「徘徊だなんて、ウォーキングもしくはお散歩ですね(うっ、やっぱり拗ねてる)」

前回に味をしめて今日も神姫と外出してみる。
ふきのとうの蕾と圭子296x480
「わぁ、見て見てマスター!芽キャベツ!!」

あぁ、それはふきのとうの蕾だ、知ってて言ったろ。
ったく人が悪い、いやっ神姫が悪いか。
しかしそれを見ると春の到来を感じるな。

ちなみに咲くとこうなる。
あらら圭子の目線があっちゃ向いてる。
人目を気にしつつ急いでだから気づかなかった。
流石に誰かに見られるのは(/ω\)ハズカシーィしな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。