武装神姫を可愛く撮る!
少しでも可愛く撮ろうとシャッターを切る日々です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マスター、オーバーヒートです!
「マスター、
F40が突然パワーダウンして停止してしまいました。」
オーバーヒートです

なんだ、どうしたというんだ。

「恐らくはこれのせいだと思われます。」
30枚ピニオン

う~ん、付けば良いと言うものではないのだな。
そもそも30枚ピニオンは設定に無かったからなぁ。
DDカーに、0.4モジュールの93枚スパーと
30枚ピニオンじゃ無理があったか。

「そうですね、ESCに負担がかかって
ヒートプロテクトが作動したんじゃないですか?」

まぁついてればの話だけどな、
なにせ物が古すぎて仕様が解らん。

「あとは前に使ってた
20枚しかありませんけど、どうしますか?」

とりあえず20枚ピニオンに交換して様子見だな。

「解りました、20枚の方にしておきますね。」
スポンサーサイト
F40に神姫を乗せようと思う
まずはどんな感じになるのか?
下のシート(もどき?)を試作しF40に乗せてみた。
試作シート
手近にあった厚紙でシートらしき物をでっち上げます。

試作シートをセットして乗せたのが下の写真です。
試作シート位置
もう少し前でもいいかな。
フロントフェンダーやサイドピラー付近が、実車画像と比べると延長されている。
実車通りの比率だとずんぐりして格好悪いらしいからその為のデフォルメかな。
フェラーリF40
マッハ号に続き神姫に合いそうな乗り物が出て来ました。
F40横

フェラーリF40、言わずと知れたスーパーカーです。

「マスターの好きなカウンタックではないのですねぇ。」

あぁ、このシリーズではラインナップされ無かったからな。
では早速、神姫と絡めてみよう。
F40とジャンプスーツ圭子

う~ん、やはり1/10サイズはオーバースケールだったか?
許容範囲内、許容範囲内、許容範囲内、とりあえず呪文を唱えておく。

ボディがボロボロなのは、走行させてた当時の下手くその現れです。
まぁ、今も変わらず下手くそのままなんですがね。
それでボディを新調しようと思ったんですが、すでに入手困難でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。